日銀のマイナス金利が不動産投資にどのような影響を与えるのか

日本銀行は、H28年1月29日に「マイナス金利」の導入を決定し、H28年2月16日に実施しました。

今回のマイナス金利とは、日銀に国債を売った現金をそのまま日銀に預けておくだけで金利をもらって設けている銀行にペナルティーを課すことが1番の目的の銀行同士の話であり、個人の預金金利を直接マイナスにするという政策ではありません。

 

しかし、マイナス金利の導入の影響を受けて、市場では長期金利の利回りが低下し、私達の暮らしはもとより金融商品にまでその影響が出始めています。

日銀マイナス金利不動産投資

 

では、不動産投資に取り組んでいる方にはとってこの日銀のマイナス金利はどのような影響をおよぼすのでしょうか。

それは、大幅な金利の低下です。

銀行融資の金利低下と聞くとついつい心がウキウキしてしまいますが、そうも言っていられないようです。

なぜなら、今より不動産に対する融資が出やすくなり、参入者が増え、結果として今以上の物件の高騰につながってくるからです。

 

参入者が増えた状態でやっと見つけた自分にも買えそうな利回りの低い収益性の低い物件を、このマイナス金利の相場で無理やり融資・ローンを引いて購入してしまうと、次に見えてくるのがマイナス金利が終わった後のお祭り状態です。

 

マイナス金利が終わった後、金利が上昇し、融資・ローンの利子が払えなくなり、売ろうにも買い手がつかず、土地値以下で買い叩かれる。。。

などということも十分起こり得ることです。

 

 この日銀のマイナス金利の時期に行うことは”冷静な目で急がず物件を見極めること”です。

不動産投資はババ抜きです。

”負けない”ことを心がけましょう。

 

そして、買うべきではない時にはアフィリエイトで毎月10万円でも50万円でも100万円でもキャッシュを増やしておきましょう。

”負けない”とはっきり言えない投資に手を出すくらいなら地道にアフィリエイトしましょう。

アフィリエイトは裏切らないし、失敗もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です