副業・アフィリエイト・不動産投資の出費は経費に出来るか考える癖をつけましょう

副業・アフィリエイト・不動産投資のためにお金を使う場合は、必ず『これは経費になるだろうか?』と考える癖をつけましょう。

 

イメージ

 

副業、アフィリエイトの情報商材はもちろん、不動産投資のために現地視察をする際のタクシー代、電車代、新幹線代、飛行機代、海外旅行費代、ホテル代、それら全てについて『経費になるだろうか?』と考えるようにしましょう。

 

科目名 補助科目 内容
事業主貸 生活費、源泉徴収税、生命保険、個人年金 事業主が個人に貸したお金
事業主借 事業資金、預金利息 事業主が個人から借りたお金
未払金 クレジットカードなど 購入と支払いを二段階で処理する買い物に使う
旅費交通費 電車賃、飛行機、タクシー代、ガソリン代、高速代、時間駐車、出張旅費、宿泊料、日常移動、海外取材、ツアー代 移動にかかったお金すべて。取材旅行は「取材費」でも可
取材費 飲食店取材、イベント参加、評価、打ち合わせ喫茶、取材会費 少額から高額まで幅広く使える科目
制作費 モチーフ、モデル 文筆業にとっての「取材費」に相当する科目
消耗品費 PC消耗品、オフィス備品、カメラ機器、テープ・CD類、電池電球類、コピー代、写真現像 10万円未満の品は全て「消耗品」でよい
事務用品費 文房具、画材、FAXインク、紙 内容的には「消耗品」だが、別科目のほうがバランスよく見える
新聞図書費 雑誌、新聞、書籍、資料書類、メールマガジン 印刷物及び有料メールマガジンなどが該当
広告宣伝費 見本紙、名刺、DM、視覚効果 不特定多数の相手に大して宣伝するもの
地代家賃 家賃、月極駐車場 賃貸物件の家賃。自宅兼事務所の場合には按分
賃貸料 展示会使用料、レンタカー 一時利用のために賃貸したものへの支払い
リース料 車、コピー機、OA機器 リースで借りている物品の代金
水道光熱費 電気代 フリーランスが計上できるのは電気代のみ。生活兼用の場合には按分
通信費 インターネット、メーリングリスト、電話、携帯電話、郵便、切手 電話やパソコン通信、郵便など。電話は按分の場合あり
荷造運賃 宅配便 件数が少なければ「通信費」でも可
接待交際費 会食/外食、来客食事喫茶、手土産、贈答品、お中元お歳暮、謝礼 接待交際費は青天井。上手に世渡りしましょう
外注費 原稿料、資料調査 外部に何かを依頼した場合に1人1回5万円以下なら源泉徴収の必要なし。「謝礼」にすればなお簡単
支払報酬 税理士、公認会計士、弁護士 業務委託手数料は「支払報酬」として管理。源泉徴収が必要
預り金 預かり金 源泉徴収した額。締め切りまでに税務署へ納付する
支払手数料 銀行振込、引出手数料 銀行口座からの入出金時に利用
諸会費 年会費 所属団体の年会費など
減価償却費 車両運搬具、工具器具備品 固定資産の今年度償却分
修繕費 定期点検、メンテナンス費用、保守契約料、OA機器修理 資産の維持や補修に必要な費用
貸倒金 貸倒金 改修不要になった売掛金・未収入金
雑給 パート・アルバイト等への給与 「給料」と名のつくものは「源泉徴収」が必要になる。少額の場合は「外注費」の方が楽
給与賃金 基本給、時間外勤務手当、通勤手当 定期的に従業員に支払われる給与。源泉徴収が必要
青色事業専従者給与 青色事業専従者給与 家族を青色申告専従者にした場合。月額は固定。事前に申請書提出

旅費交通費

電車代はもとより、新幹線代、バス代、タクシー代、全ての交通費にかかるレシートは必ず保管しましょう。

毎回の金額はそれほど多く感じなくても、積み重なった一年間の金額の合計はかなりのインパクトがあります。

 

旅費交通費の経費として認められるのは、以下のとおりです。

  • タクシー代
  • ガソリン代
  • 高速道路代
  • 有料道路代
  • 駐車場代
  • 電車代
  • バス代
  • 回数券代
  • 航空運賃
  • 宿泊代

通信費

通信費には以下のものが挙げられます。

  • 携帯電話料金
  • インターネット接続料金
  • ドメイン取得費用
  • サーバレンタル料金
  • ウイルス駆除ソフト(これは各自の判断)

 

地代家賃

地代家賃には次のようなものが含まれます。

  • 部屋代
  • 月極駐車場代
  • レンタル倉庫代金

特に住居を仕事部屋としている場合は家賃の何割かを経費として申請できるので大きく影響します。

部屋の一角で仕事をしている場合には、最大1/2を上限として申請しましょう。

常識的な目安は最大2/5といったところでしょうか(個人的に)。

 

賃貸物件の場合

賃貸物件の礼金も按分して計上しましょう。敷金は戻るのが前提なので経費にしません。

※ 解約時に敷金が全額戻らなかったら、支払った額を按分して計上します。

 

車に関わる経費

車を生活と事業の両方で使っている場合には、按分率は最大で業務9割、私用1割程度が妥当です。

 

消耗品や10万円以内の備品について

消耗品には、次のようなものが含まれます。

  • 使うと減少し、最後には無くなるもの。
  • 購入価格が10万円未満程度の品。

 

消耗品 コピー代金、写真プリント代、電池、電球、ビデオテープ、CD、DVDなどの記憶媒体
電気機器 FAX、電話機、携帯電話機、コピー機、iPod、MP3プレーヤー、ICレコーダー、携帯ラジオ、テレビ、DVDプレイヤー、ライトテーブル、扇風機、足温機、掃除機
パソコン周辺機器 プリンタ、スキャナ、プリンタ複合機、モニター、デジタルカメラ、メモリ、パソコンソフト、モデム、ルーター、モニター画面シールド、PC用キャリアバック、ハンドレスト
オフィス用品 本棚、机、いす、パソコンラック、ブラインド、納戸、カーテン、応接セット、スリッパ、来客用お茶用具
カメラ周辺機器 カメラバック、三脚、一脚、レフ版、レンズ、フィルター

【事務用品】

消耗タイプ文具 リングファイル、クリアファイル、クリアポケット、製本セット、コピー用紙、印刷用紙、便せん、封筒、伝票、領収書用紙、出金伝票、印刷ラベル、シール、メモ用品、ポストイット、アルバム、FAX用紙、FAXインクリボン、プリンタのインク、ホチキスの針、カッターの刃、ボールペンのインク芯、ペン、マジック、消しゴム、のり、セロテープ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です